News

もうすぐハロウィン なんでかぼちゃ?どうしてお菓子を配るの?

コラム

秋の一大イベント『ハロウィン』。
10月に入ると街はハロウィンムードに包まれ、各所でイベントが行われていますね。
仮装やパーティーをして楽しむご家庭も多いのでは?
そこで今回はハロウィンについて大解剖!実は知らないで楽しんでいたこともあるかも。

『ハロウィン』って?

毎年10月31日に行われるイベント。秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするともに悪霊を追い払います。諸説ありますが、古代ケルト人が行っていたお祭りに由来するそうです。

『ハロウィン』のシンボル ジャック・オー・ランタン

ハロウィンの時期によく見かけるのが、目と口と鼻をくりぬいて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタン。
実はこのランタンには、「ジャック・オー・ランタン」という名前がついています。
ジャックとはアイルランドの物語に登場する男性の名前とのこと。
生前、悪いことばかりしていたジャックは魂を取ろうとやってきた悪魔を騙したため、地獄に堕ちることもできず、亡くなった後もランタンに火を灯してさまよい続けたというお話です。

ちなみにはじめはカブだったそうですが、アメリカにハロウィンが伝わってからかぼちゃになりました。
怖い顔をくり抜き部屋に飾ると魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるとも言われています。

お菓子を配る?

ケルト人が行っていたお祭りは仮面をつけたり仮装をしたりして悪霊を追い払い、さらに悪霊が家の中に入らないよう厄払いとして外に作物を供えていました。

現代ではお化けや魔女に仮装した子どもたちが「trick or treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ!)」と言いながら近所の家を回ってお菓子をねだる光景をよく見かけますね。これは昔の厄払いが関係しています。

「trick or treat!」という子どもの掛け声を聞いたら、「Happy Halloween」と言いながらお菓子をあげましょう。

ノリノリで答えると子どもたちもよりイベントを楽しめること間違いなし!

また、このとき子どもに配るお菓子ですが、特に決まりはありません。
子どもたちが袋に入れて持ち歩くため、かさばりにくい小さなお菓子や
衛生面や安心感から、小分け包装になっているものを選ぶのが一般的です。

パーティーにおすすめ かぼちゃを使ったレシピ

エジソンママではハロウィンにちなんだかぼちゃを使用したレシピを多数掲載。
家族や友人を集めてハロウィンパーティーを楽しむのも素敵ですね。

エジソンママ時短キッチン
かぼちゃを使用したレシピはこちら

いよいよ来週はハロウィン。ぜひこの機会にお試しあれ!


関連商品


最新情報はSNSで随時配信中!!

メルマガ登録
会員登録
商品情報
エジソンのお箸特設ページ


この記事をシェアする

記事一覧へ