News

【5万人の赤ちゃんと関わった助産師発】新米ママ・パパの悩みを解決!動画シリーズ配信開始 ~ママ・パパの笑顔を増やしたい!の想いで、エジソンママとコラボしました~

コラム

はじめに

育児には、不安や悩みはつきもの。何度か出産を経験しているベテランママでも、お子さんによって反応が異なることもあり、悩みは尽きません。ましてや、初めての育児はわからないことだらけ。さまざまなことに試行錯誤の日々かと思います。そこで少しでもママ・パパの力になれたらという願いのもと、産後ケアに多大な尽力をされている助産院さんとタッグを組みました。

【教えて助産師さん】新米ママ・パパの悩みを解決!動画シリーズのご紹介

今回、埼玉県八潮市にある さら助産院の直井亜紀先生の監修で、ママ・パパの悩みに応える動画シリーズを制作・配信することとなりました。
最初のテーマは『赤ちゃん泣き止む』編です。累計5万人以上の赤ちゃんと接してきた助産師の極意を惜しみなく披露します。
本日はその第1弾が公開されましたので、ご紹介いたします。

【注意】赤ちゃんが泣き止む抱っこの秘密【トントンNG】
赤ちゃんが泣き止まないとき、こんなことしていませんか。
実は気持ちの良いトントンとそうでないトントンがあるんです。
赤ちゃんはお腹の中にいたときの振動を気持ちよく感じるので、ぜひ「縦揺れ」をお試ししてみてください。

まとめ

エジソンママの助産師動画シリーズは毎週水曜日に配信していきます。
母乳育児のこと、ラクチンおっぱいの飲ませ方、産後あるあるの間違った情報や赤ちゃんの不思議、産後のセックスまで!?ほっこりする内容から感心するものまで盛り沢山です。
ぜひ、チャンネル登録、いいね、よろしくお願いします。

動画監修

直井亜紀先生(助産師・べビケアセラピスト さら助産院院長)直井亜紀先生(助産師・べビケアセラピスト さら助産院院長)

直井亜紀(助産師・べビケアセラピスト さら助産院院長)
「頑張る育児から楽しい育児へ」
ラクチンな姿勢の母乳育児・うたうベビマ・赤ちゃんが泣きやむ抱っこやおんぶ・産後の家庭訪問などなど、「ママの笑顔を増やしたい!」をモットーに活動中。今までに関わった人数は約50,000人。新生児から思春期の性教育まで、長い線で関わり続ける活動をしている。今までの活動を通して、東京新聞・読売新聞・朝日新聞・日経新聞・NHK・Yahooニュースなど、マスコミ掲載多数あり。内閣府特命担当大臣表彰「子供と家族若者応援団表彰」・母子保健奨励賞・内閣府家族の日優秀賞など受賞。著書は「思春期のわが子へ伝えたい性のこと」「わが子に伝えたいお母さんのための性教育入門」など。
本質行動学エッセンシャルマネジメントスクールフェロー。合気道初段。
>さら助産院HPはこちら

関連商品


最新情報はSNSで配信中

メルマガ登録
会員登録
商品情報
エジソンのお箸特設ページ


記事一覧へ